フードコーディネーター資格

フードコーディネーター資格を取る|なるにはどうすればよいのか

フードコーディネーターの資格を取る方法

フードコーディネーターの資格といえば日本フードコーディネーター協会の資格になります。
詳しくはこちらの日本フードコーディネーター協会の公式サイトで確認していただくとして
試験は3級、2級、1級とあり、3級は入門レベル、2級アシスタントレベル、1級がフード業界でプロとして活動できるレベルということです。
2級は3級資格認定登録者なのでまずは3級を取ることを目指します。
3級はマークシート方式で応募資格は中学校卒業以上ということで独学でも合格の可能性もあると思います。
あと(1)デザイン・アート (2)経済・経営 (3)科学 (4)文化の4科目。調理師・栄養士・管理栄養士・製菓衛生師の資格取得者は、科学と文化の試験は免除、認定校というのがありまして、この認定校で履修した方は資格認定試験が免除され、認定登録すると3級認定資格が得られます。
認定校は調理師や製菓の専門学校、短期大学などがあります。
3級を取得して2級を取りたいという方はスクール等で勉強されるほうが良いかもしれません。
3級の合格率は公開されていないのですがマークシート方式ですし独学で勉強して合格されている方も多いようです。
問題は2級ですね。
合格率も公開されており2次試験がポイントになるのではないでしょうか。
ここになるとスクールなどに通うのという選択肢になってくるのではないでしょうか。
2級、3級関係なくしっかり知識と技術を身につけるならスクールなどに通うのが良いのではないでしょうか。
ここでおすすめなのがヒューマンアカデミーの通学生のフードコーディネーター養成講座なども良いのではないでしょうか。
実績、知名度もありますしどこが良いのかわからないという方は良いのではないかと思います。

フードコーディネーターの資格をとるために講座で勉強するならヒューマンアカデミー

フードコーディネーターの資格をとるために勉強するならヒューマンアカデミーが良いのではないでしょうか。
知名度、実績のありご存知の方も多いのではないでしょうか。
通学生のフードコーディネーター養成講座は約8割の授業で演習を実施しており実践力が付くのではないでしょうか。
メニュープランや商品企画を学び、飲食店プロデュースやコンサルティングなどまで学ぶことができます。
ヒューマンアカデミーではフードコーディネーターの講座以外にもフードアナリストなどの講座がいくつもありますしチェックしてみてください。
トップページからフード・食育というところからフードコーディネーター養成講座のページへいけます。

公式サイトで確認⇒ヒューマンアカデミー

講座の資料をを一括で取り寄せるならケイコとマナブ

講座などを利用して勉強するというのであればヒューマンアカデミーも良いですし、一括で資料を取り寄せるのも便利ではないでしょうか。
そして、比較して選ぶのも一つです。
リクルートグループのケイコとマナブなどもフードコーディネーターなどの講座を行っているところの資料をまとめて取り寄せることができるので便利ではないでしょうか。

公式サイトで確認⇒ケイコとマナブ.net

フードコーディネーターとは

フードコーディネーターとは、食に関するコンサルタントです。
この資格は民間資格で、公的若しくは国家資格のような、その資格がなければ業務をできない又は試験に合格しないと名称独占が出来ないというわけでありません。
一応、コンサルタントみたいに誰でも名乗る事は可能とされます。
この資格は、名刺に名称を記載する場合は協会等が認定する資格等の合格者であれば非常に好ましいとされています。
資格は、三〜一級迄のレベルが設定されています。
三級から開始することになっており、それぞれの等級で受験料及び合格後の認定登録料が発生することになります。
また、フードコーディネーター資格は更新制度が在るのでそれについては特に注視しなければなりません。

 

三級からスタートすることになりますが、受験資格については中学校卒業以上であれば誰でも受験可能となっています。
受験については、協会等が行う試験対策を受講すると無難であるとされているそうです。
この資格ですが、詳しく言いますと、食品の開発や飲食店プロデュース業及びフードビジネス全般について幅広い知識を有する食の専門家なので、協会等に登録をしておけばメリットは大きいとされています。

 

登録のメリットですが、それは人材斡旋制度が在るということです。
協会が紹介する正規のフードコーディネーターであれば人材を募集する側としても安心できますし、長期的な視点に立つと協会加入は必要となります。

フードコーディネーターになるには

食の楽しみ方やよい食環境を提案していくスペシャリストとしてフードコーディネーターがありますが、資格に関しては特に必要とされないのが特徴です。
資格を必要としないといっても、フードコーディネーターになるには調理に関する技術や知識が必要ですし、栄養に関する知識も必要とされます。
国家資格ではなく民間資格として認定試験がありますが、最上位資格を取得すればプロとして認められるほどのレベルに達することが可能です。
調理師資格や栄養士を取得すれば説得力がありますので、認定資格とともに取得しておくことが大切です。
フードコーディネーターになるには基本的な知識も必要とされますので、スクールに通うことも良い方法です。
また活躍中のコーディネーターのアシスタントとして学ぶことも可能ですから、いろいろな方法により知識と技術を身につけることが可能です。
国家資格を必要としない仕事ですし、専門的なスクールはほとんどありませんので、技術や知識を身に付ける方法も人それぞれに選択できるのが魅力です。
専門学校や大学に通えば栄養士や調理師などの国家資格を取得できますので、直接必要としない資格ですがフードコーディネーターとして仕事をする上で役立つと言えます。

フード関係の資格講座が満載 フード関係の講座資料一括取り寄せ
ヒューマンアカデミー ケイコとマナブ
更新履歴